イチョウ葉エキスの詳しい効果は?

イチョウ葉エキスは、認知症の予防や育毛効果、冷え性や耳鳴りの緩和など様々な効能を持っています。
当ページでは、その効用について詳細に解説していますので、ぜひ参考にして下さい。

イチョウ葉エキスの持つ効能。

皆さんが気になるイチョウ葉エキスの効果を詳しく解説しています。
サプリメントなどを上手に利用して、日々の健康に役立てて下さい。

認知症を予防します。

「脳血管型認知症」に対してイチョウ葉エキスは、血流を改善し、脳細胞を保護しながら、脳細胞の活力を高める効能を持つため、予防に最適だと言われています。

また、「アルツハイマー型認知症」に対しても、「海馬」の血流量を増やす働きにより、予防効果に期待されています。

認知症の解説はこちら

加齢に伴う脳機能の低下を防ぎます。

イチョウ葉エキスの持つ、血液循環を正常化し、脳細胞を活性化させる効果により、記憶力や集中力を高め、脳の機能低下や健忘症などを防ぎます。

この効用は、事故や病気による脳機能障害にも有効だと言われています。

老化促進の「活性酸素」を抑制します。

過剰な活性酸素は、細胞膜を酸化させ「過酸化脂質」を作り出してしまいます。
過酸化脂質は、様々な病気や老化を促す原因となる他、細胞のガン化を促す原因にもなります。

イチョウ葉エキスには、活性酸素が過酸化脂質を作り出すのを抑える効能があり、抗酸化物質としても注目されています。

脳卒中や心筋梗塞を予防します。

血中コレステロールを正常化し、血小板の過剰な凝集を抑える効果を持つイチョウ葉エキスは、動脈硬化の進行を抑え、弾力のある若々しい血管を保ちます。

これにより、血栓形成の危険性も少なくなり、脳卒中や心筋梗塞、脳梗塞などの予防に役立ちます。

アトピーや花粉症を緩和します。

アトピーや花粉症などのアレルギー症状は、「ヒスタミン」や「PAF(血小板活性化因子)」などの体内での過剰な活動により引き起こされます。

イチョウ葉エキスに含まれるギンコライドには、PAFの暴走を抑制する効果がありますので、アトピーや花粉症の緩和に役立ちます。

耳鳴りや難聴を改善します。

血行不良が原因の耳鳴りや難聴にはイチョウ葉エキスが非常に役立ちます。

ヨーロッパで市販されているイチョウ葉エキスの医薬品には、「内耳の老化による血行不良が原因の耳鳴りや難聴に大きな効果を発揮する」と記載されています。

冷え性や頻尿を緩和します。

血液循環を良くするイチョウ葉エキスは、冷え性や生理痛、更年期障害などの改善にも大いに有効だと言われています。

また、血行障害が原因の神経痛や頻尿の緩和にも役立ちます。

高血圧の予防に役立ちます。

イチョウ葉エキスの摂取は、高血圧の解消に顕著な効果があるとされています。

原因不明の「本態性高血圧」の背景には、全身の血行不良により、ポンプ役の心臓が躍起になって血液を送り出し、動脈壁を圧迫して血圧の上昇を招くと考えられているからです。

血糖値やコレステロール値の正常化に役立ちます。

毛細血管が改善されることにより、血糖値の低下に役立ちます。
ドイツやフランスでは、イチョウ葉エキスをインスリン注射と併用して、大きな成果をあげているとの報告があります。

また、善玉コレステロールを効率良く吸収させる働きがありますので、血糖値やコレステロール値の正常化に役立ちます

細胞へのエネルギー補給を正常に保ちます。

私たちの生命活動を支えているエネルギーは、毛細血管の壁を通して受け渡しが行われています。
毛細血管の壁が内外の圧力バランスを利用して、各組織に必要な分だけ栄養素を届ける仕組みになっており、これを「毛細血管の透過性」と言います。

イチョウ葉エキスには、血液循環の改善と同時に、毛細血管の透過性を正常に保つ効能がありますので、細胞へしっかりとエネルギーを届けます。

発毛や育毛に役立ちます。

抜毛や薄毛の大きな原因の1つに血行不良があります。

イチョウ葉エキスは、血流を改善し、細胞へしっかりと栄養を届ける働きがありますので、発毛や育毛効果に期待されています。

・本サイトの利用は、イチョウ葉エキスの効能のトップページにある注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 http://www.ityouhaekisu.com/ All Rights Reserved.